豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

再就職を見据えての資格選びも大切です!!

定年後,再就職,資格,オススメ

おそらく大半のサラリーマンが定年後に再就職を望んでいることでしょう。

 

せめて年金の支給が開始される65歳まで、できればさらに後まで働き続けたい、収入を得るためだけでなく、充実した生活を送る上でもそう望む人が多いものです。では定年後に再就職するために役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。一覧にしてみましょう。

 

ファイナンシャルプランナー、英語検定、福祉住環境コーディネーター、グリーンアドバイザー、消費生活アドバイザー、パソコン検定、医療事務、マイクロソフトオフィススペシャリスト、サプリメントアドバイザー。

 

 

聞きなじみがあるものもあればはじめて聞くものもあるでしょう。共通する特徴としては定年退職後から勉強をはじめても取得が十分可能なこと、また地域社会に直接関わる仕事が多いこと。とくに医療事務は需要も多く、おすすめの選択肢となるでしょう。

 

消費生活アドバイザーやパソコン検定、福祉住環境アドバイザーなどは自治体などからの求人もあります。講師などの形で雇われることも多く、収入を得るだけでなく地域への貢献、地元住民との交流の手段としても役立ってくれるはずです。

 

ファイナンシャルプランナーは今後需要の増加が見込まれていますし、英語検定は幅広い業種、分野で役立てることができるはず。

 

マイクロソフトオフィススペシャリストは退職後ではなく現役の間に取得しておきたい資格でもあります。

 

 

元気な間は働き続けたい、そんな願望を叶えてくれるかもしれないこれらの選択肢。自分に向いているものを探してみましょう。