豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

流行の田舎生活スタイルのメリットとデメリットを紹介

老後になったら田舎暮らしをしたい、と望む人も多いようです。テレビ番組などでもそんな暮らしを実現した人たちを紹介されるのをよく目にします。

 

とくに長年都会で忙しいサラリーマン生活を送ってきた人はのんびりとした田舎での生活に憧れる傾向が見られます。

 

ただ、移住するとなると生活の基盤そのものを変えることになりますから、慎重な判断が求められます。それだけに事前にメリット、デメリットをしっかりと把握しておきたいところ。

 

まずメリット。やはり都会とは異なるのんびりとした雰囲気、豊かな自然ときれいな空気が魅力です。満員電車に息が詰まる思いをすることもなければ、激しく行きかう車や自転車に注意しなければならないといったこともありません。

 

土地を安く購入できる、家賃が安い、あるいは広い土地で農業やガーデニングを楽しめるといった点も大きな魅力でしょう。

 

ではデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。最大のものはやはり生活の利便性。買い物ひとつにも遠くまで行かなければならない、万一病気や怪我をした時にも近くに医療機関がない、といった問題がつきまといます。

 

若い世代の都会への流入によってますますその傾向が強まっている状況です。

 

それから近隣の人たちとの付き合い。

 

人と人とのつながり、助け合いといった良い点ばかりが強調される面もありますが、詮索されたり、

 

何か貰った場合にはお返しをしなければならなかったり、その地域独特の風習や習慣にしたがわなければならなかったり。

 

 

目に見えない圧力や気詰まりを覚えることもあります。

 

こうした両面を踏まえたうえで自分に向いているのかどうかを判断することが求められるのです。