豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

定年退職者が海外移住に選ぶ国は?

親日,海外移住,オススメ

定年後は海外で暮らしたい、そんな人も増えています。日本がおかれている厳しい状況、とくに少子高齢化の進行に不安を覚えているのも大きな理由でしょう。また豊かな自然やスローライフなどに憧れて海外移住を希望する人も多いようです。

 

ただ、海外に移住するとなると生活環境が一変します。これまでの環境、人間関係などを捨てる覚悟が必要です。それだけに事前に入念な準備が求められます。

 

では定年後の海外移住計画に適したおすすめの国にはどこがあるのでしょうか。今も昔の人気が高いのがオーストラリア。なんといっても広大な大地に豊かな自然が魅力。また、治安もよく、医療環境も充実しているの点も大きなメリットです。過ごしやすい気候も高齢者にとってはよい点でしょう。

 

それから東南アジア諸国。これらの国は高齢者を敬う習慣が強く残っている点に人気があります。たとえばタイ。世界的に見てももっとも親日感情が高い国とも言われており、日本人向けのシニア施設などもあります。

 

仏教国、さらにお米を主食としている点など生活環境の面でもなじみやすいのも特徴でしょう。それからフィリピン。日本とも近く、家族と連絡を取りやすいこと、物価が非常に安いことなどがメリットとして挙げられます。他にはマレーシア。物価はやや高めですが、その分治安がよく安心して暮らせるのがポイントです。

 

他にもリゾート地として人気のハワイも選択肢として挙げておくべきでしょう。気候、医療制度、治安、物価、さらに言語などを踏まえつつ老後に暮らしやすいところを探してみましょう。