豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

定年後に再就職を目指すならまずはシルバー人材センターに行こう!!

定年後に再就職を目指そうと思った場合、どうしても年齢がネックとなります。

 

ネットを利用すれば手軽に求人情報をチェックできる時代になりましたが、高年齢でも応募可能な求人となるとグッと数が減ってしまいます。そのため探し方に工夫が求められます。

 

そんな定年後の再就職の探し方の基本となるのがハローワーク

 

定番といえば定番ですが、それだけに留まらない魅力があります。単に求人数が多いだけでなく、高齢者を対象にしたものが多いのです。高齢者専用の窓口が用意されているところもあり、応募可能な求人のみに絞った求人探しも可能です。

 

また、相談員とよく話し合い、適職や年齢・健康状態に見合った仕事を探していくこともできるはずです。また、まったく新しい仕事にチャレンジしてみたい場合には職業訓練などを受けることもできます。

 

それから>人材紹介を行っている会社や施設。転職エージェントからシルバー人材センターまで。

 

とくにシルバー人材センターは派遣形態となりますが、高齢者に適した仕事、就業環境を紹介してくれる便利な施設です。転職エージェントの場合、専任のスタッフがひとりひとりの年齢や適性に合わせた仕事を紹介してくれるので便利です。

 

定年退職後の仕事探しでは自分で情報を求めるだけでなく、専門家に求人の紹介や情報提供をしてもらえる環境も必要となるのでしょう。
情報を吟味して選んでいく。
この姿勢が必要です。

 

その気になって探せばいろいろな働き口が見つかるでしょうから、その中から最適なものを選ぶことも重要なポイントとなるでしょう。

仕事探しに迷ったらまずは近くのハローワークに行ってみましょう!

定年後に再雇用を目指す人、60歳を過ぎても働き続けたい人にとって有力な仕事探しの選択肢となるのがハローワーク。近年では不安定な雇用環境から若い世代の間で利用する機会が増えていますが、高齢者にとっても職探しの身近な施設です。

 

この施設では、高年齢者に対して雇用を継続した場合、企業に対して高年齢雇用継続給付の給付を行っています。

 

そのため企業としてもこの施設を通して高齢者を雇いいれるメリットがあるのです。もともと幅広い業種の求人情報を取り扱っているわけですから、求人サイトや情報誌にはない情報も入手できるでしょう。

 

また、ハローワークでは高年齢の人や障害者を対象とした専門の窓口も用意されています。いろいろな選択肢があるといってもやはり現役世代に比べれば数はぐっと少なくなります。

 

また高齢者とひと口にいっても60代と70代では事情がまったく異なりますし、健康上の問題や就業環境、あるいは持っているスキルやキャリアに違いがあります。

 

その人にとって相応しい、あるいは勤まる仕事を見つけられるかどうかも重要なテーマとなるわけです。この施設では高齢者のミスマッチが生じないためにもさまざまな相談業務を行っています。

 

ただ漠然と退職後も働き続けたい、ではなく、より積極的に生きがいを感じさせてくれる仕事を探す。

 

そのためにもこの施設はさまざまな面で役立ってくれるでしょう。せっかくの公的機関なわけですから、利用しない手はありません

 

まず地元にある施設を探してみてはいかがでしょうか。

公的機関で就活するメリットとデメリットとは?

定年後の就職先探しの方法としてまず第一に挙げられるのがハローワーク。公的機関のため安心して利用することができる、求人の数が多いといった面がよく挙げられますが、より賢く利用するためには他の長所、さらには短所もしっかりと把握しておきたいところ。

 

まず長所を見てみましょう。先に挙げたものに加えて採用されやすい点も挙げられます。求人情報を掲載する際、企業は費用を負担する必要はありません。その辺は求人サイトや転職エージェントと大きな違いです。人を雇うのにコストをかけていないため、採用されやすい面があるのです。

 

それから求人の質。数だけでなく質の面でもメリットがあります。たとえば求人サイトには掲載されておらず、ここにしかない求人があること。これもコストと関わってくる点で、費用がかからないからこそ求人を掲載しているところもあるのです。

 

また、地方の求人が多いのも特徴でしょう。求人サイト、情報誌の場合はどうしても都心部中心になってしまうきらいがあります。

 

一方、短所はどうでしょうか。まず求人先の情報を事前に入手しにくい点。たとえば転職エージェントの場合はスタッフが直接企業に赴いて情報収集しているケースがあります。

 

ハローワークではそのようなことはなく、企業が自ら提供した情報に限られます。そのため就業環境や給与体系が曖昧になっていることも多いのです。

 

同じように相談窓口でも求人先の細かい情報や内情を教えてもらうことができないといったマイナス点もあります。

 

こうした点を踏まえたうえで有効活用することが職探しにおけるポイントとなるのです。