豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

40代に警告?定年後までに貯蓄なしだとどんな生活が待っている?

老後に備えてお金をためておかなければまずいことになる!それは心では分かっているものの、今の生活費で精一杯。老後の貯蓄まで回せないという人も多いのではないでしょうか?

 

実際に日経新聞では2000年以降、老後に備えての貯蓄額が激減しているというデータがあり、このまま何の対策もせずに定年を迎えると、最低レベルの生活が維持できない危険性があるかもしれないと言われています。

 

40代の人は特にこの事実は知っておいた方が良いかもしれません。今はまだ体力があるので60歳になった自分のことは考えられなくても、大量の退職者がでると同時にすでに70代の高齢者が沢山いる状況の中で、好条件の仕事を探すのは大変です。

 

老後,貯蓄なし,どうなる
日本経済新聞より】

日本の社会保障給付費は年100兆円に上り、約7割が高齢者向け。年金支給は総額50兆円を超えた。財政赤字が膨らむ要因となっている

 

 

 

高齢者の給付金の上限引き下げ、定年65歳。消費税UPと高齢者医療費の負担まで考えたうえで、今の平均必要額2000万をはるかに超える事態がやってこないとも限りません。

 

実は定年後の仕事というのは60歳になってから考えるわけではなく、40代の中から真剣に検討しておくべきなのかもしれません。

 

すでに資産がある方は投資の方法を学び、そうでない方は資格やスキルを得て、少ない時間でも効果的に収入を得る術を身に着けなければなりません。

 

私の場合はネットビジネススキルがあるので、パソコン一台で最低限の収入はカバーできると思いますが、分散投資の意味でも不動産や株式,FXなどの勉強と投資をはじめており、年金ゼロレベルを見越しています。

 

自分の老後は大丈夫か?ちょっと考えてみたいものです。