豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

住み替で老後資金をためる方法

住み替え,資産,貯蓄

国の調査で定年後も住宅ローンを支払い続ける人が全体の20%に及んでいることが明らかになりました。

 

収入が途絶え、退職金と年金で生活を維持していく人にとって家のローンは生活に重くのしかかります

 

大切なのはある程度のゆとりを持った生活をおくることです。

 

そのために会社のリタイヤ後にマイホームの住み替えを検討する人も少なくありません。そのため現在住んでいる住宅を売却し、利益分で購入できるマンションや戸建て物件に移転する方法を選択する人もいます。

 

また退職金を利用して繰り上げ返済を行う人もいます。

 

しかし退職金を返済に当てる場合、年金の支給開始までの生活費をどう工面するかが課題になります。

 

リスク回避のために退職金をすべて使い切ってしまうのであれば、この方法は避けたほうが無難です。

 

むしろ、延長雇用や再就職を視野に入れることのほうが懸命です。定年後の住み替えを検討する場合には、様々なリスクを考慮することが必要になりますし、ファイナンシャルプランナーなどの助けを借りて、ライフプランを立てていくことも必要でしょう。

 

しかし住み慣れた家を手放すことに抵抗を感じる人達もいます。

 

そのような人におすすめなのがマイホーム借上げ制度です。

 

50歳以上のマイホーム所有者であれば利用できる制度で、住み替え支援機構に自宅を借り上げてもらい、賃貸物件として貸し出します。自分の手元には家賃収入が入るため、マンション等に移転することも可能になります。