豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

老後に俳優になって生き甲斐を見つけた例があります!

仕事をリタイヤした後に第二の人生を有意義に生きるため、様々な道を歩む人たちがいます。その1つに定年後に舞台俳優として生きるという選択があります。

 

もちろん、芸能界で華々しく俳優として生きていくにはハードルが高いものの、地域に根差した劇団などで活躍する生き方を選んだ例があります。

 

各地域には地方劇団などの組織があり、人材を確保するため高齢者を迎え入れるケースが相次いでいます。

 

60代,俳優,

 

例えば、ある男性は長年金融機関での専門職に携わっていたものの、定年後に新たな道として演劇学校に夫婦で入校することにしました。

 

これまで家にいることで夫婦の摩擦が絶えませんでしたが、新たな道を歩み始めることで、夫婦で同じ価値観を共有し、かつての摩擦がやがては強いきずなへと変化していきました。

 

学校で身につけた技能を活かすべく、公募で市内の市民ミュージカルに応募します。見事主役に抜擢されますが、その後の稽古は楽ではありません。演出家に叱られながら一生懸命役柄をこなし、見事役を果たし切りました。

 

60代,俳優,

 

人それぞれに可能性が異なるものの、全く畑違いの道を歩むことで人生の意義を見出した人もいます。リタイヤ後、どのような人生を送るかは自分自身にかかっています。

 

新たな道を進むか、ただ家にいて無意味に時間だけを過ごすだけの人生を過ごすかも自分の決定です。

 

高齢だからとあきらめてしまうのではなく、自分の可能性を信じ、充実した生き方を目指す時に、道が必ず開かれるのです。