豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

65歳定年制と仕事について考える

定年,65歳,仕事

これまで日本では60歳でのリタイヤが一般的でした。しかし60歳という年齢はまだ若く、働く意欲があるうちに会社を退職するため、定年の年齢を引き上げようという動きが活発化しました。

 

そして2013年4月に高年齢者雇用安定法が施行され、希望すれば60歳を過ぎても働くことができるようになりました。

 

年齢は徐々に引き上げられ、65歳まで働けるようになります。法律の施行により雇用がどう変わるのか期待と不安を抱いている人もいます。

 

法律の具体的な中身は、今までの業務をそのまま続けられることを保証しているというわけではなく、60歳を過ぎても会社が提案する業務に携わることができるというものです。

 

ですから、フルタイムという枠にこだわらず、パートタイム的な形で雇用が継続されるケースもあります。またケースバイケースですが、関連企業に移行することもあり得ます。

 

雇用をするのは企業側の判断になるため、自分の希望通りの仕事ができるとは限らず、与えられる仕事を果たしていくことが必要になります。

 

ですから、雇用形態がどう変わるのかは一概にパターン化できるものではないということが分かります。

 

しかしながら60歳を過ぎても65歳までは働くことができるわけですから、再就職をする必要が無く、企業側も定年を早期に迎えて勤労意欲がある人材を企業側が雇い続けることで、

 

自社の業務を円滑に遂行できるというメリットがあり、雇用側、会社側双方にメリットがある制度と言えるでしょう。