豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

需要が高い介護タクシードライバー

定年後,仕事,探す

介護タクシーとは車椅子で利用できるタクシーのことで一般のタクシーとは違い運転手になるにはホームヘルパー2級以上の資格が必要になります。

 

一般的なタクシーの場合、2種免許を取得することで業務ができますが、介護を行うため乗降の際に乗客の介助ができるようホームヘルパーの資格が求められるのです。

 

また福祉施設の送迎バスなどと混同されることがありますが全く別の仕事です。

 

仕事内容は介護を必要とする人の移動手段を提供することですが、自宅から目的地までの移動介助をすべてサポートします。

 

例えば自宅のベッドから車椅子へ乗せるための介護を行ったり、目的地までタクシーから車椅子をおろした後も介助サポートを行ったりします。その逆の業務も行います。

 

介護タクシーの運転手になるには、まず2種免許を取得することから始まります。試験は学科と技能の2種類があり、両方に合格するには教習所に通うことも必要になります。

 

またホームヘルパー2級は通信教育でも取得することができますから、定年後にこの仕事をしたいと考えている人は早めに資格取得を行っておくことで後の負担を軽くすることができます。

 

仕事内容を見ると、人のためになる仕事であるゆえにやりがいがあります。

 

定年後の時間をふさわしく活用することができ、充実した生活をおくることもできます。

 

就職先は一般のタクシー会社に加えて、介護向けのタクシー専門業者になります。