豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

定年後にはサークル感覚で陶芸教室を始めてみてはどうでしょうか?

定年後,仕事,探す

定年後の新たな仕事として陶芸教室を主催するという選択肢があります。

 

陶芸は高齢者だけでなく若い人たちの間でも一定の人気があり、このスキルを磨いておくことで仕事をリタイヤした後も趣味を活かした仕事ができます。

 

陶芸は趣味として行うことができるため、会社に勤務している現役時代であっても週末を利用して楽しむことができます。

 

土の選び方、こね方、ろくろの扱い方、釉薬の塗り方や焼き方などは経験を積む以外になれる方法がありません。

 

長い時間をかけて経験を積み、陶芸の腕を磨いていきます。

 

陶芸教室を主催することを夢見る人は少なくありません。趣味としての陶芸を沢山の生徒たちに教えていくのが主な仕事ですから、やりがいもあります。

 

定年後,仕事,探す

 

しかし教室を開くには窯を持つなどの必要が有るため、益子や信楽といった名産地に越さなければ無理だと考えるかもしれませんが、実際はその必要はありません

 

自宅の一部屋を工房としてリフォームするだけで教室を開くことができます

 

窯も電気釜であれば自宅の工房で焼き上げることができます。もし本格的に釜で焼き上げたいと思う場合にはその時だけ場所を借りる事で当座を凌ぐこともできます。

 

工房が完成したら生徒集めです。まずは友人関係から声をかけていき、口コミで生徒を集めていくのが良い方法です。

 

また地元の公民館などで募集をかけてサークルを結成することもできます。定年後も自宅にいながら長い期間にわたって仕事が出来るのも陶芸の面白さのひとつと言えます。