豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

意外と厳しい独身者の老後生活

独身者,老後,生活,準備

若者の結婚離れや晩婚化などが拍車をかけ、生涯独身で過ごす人の割合が2割に達するようになりました。独身者にとって心配になるのは老後の生活です。

 

結婚しているなら、配偶者や子どもたちが支えになってくれるという期待を持てますが、独身の場合そのようには行きません。できれば高齢になっても充実した生活を送りたいと願いますが、そのために今準備できることがあります。

 

その1つは老後のための貯蓄です。

 

日本では介護保険制度があるため、高齢になって介護が必要な状態になったとしても公的な福祉サービスを割安な価格で受けることができます。

 

しかし公的介護保険制度は現金給付ではなく、提供するサービスに対して支払われる現物支給です。このことを考えると、ある程度の貯蓄をしておくことが必要になります。

 

生命保険各社は公的介護保険制度の穴を埋めるための介護保険商品を販売しています。

 

生保を利用することで、将来の自分のために備えをすることができるのです。

 

もう1つは自分自身の身の振り方です。民間の老人ホームなどの入居する選択肢を選ぶなら、食事の世話を含め様々なサービスを受けることができるようになります。

 

しかし民間の老人ホームなどの施設に入居するには高額な費用がかかることから、万人が得られるサービスとは言いがたいのが実情です。

 

独身者であれば、こうした福祉施設の入居などを真っ先に考えることが必要になると言えます。高齢化社会は待ったをかけてくれない以上、自分の見は自分で守るという姿勢を貫くようにしましょう。