豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

定年後に持ち家なしの今後は大変?

定年後,持ち家なし,暮らし,住宅

持ち家を持っていない人が老後を迎えると、年金で生活を維持していかなければならず、年金の種類によっては生計を立てて行くことが非常に難しくなる場合が少なくありません。

 

厚生年金であればある程度の手厚い保証が得られることから、生活費を切り詰めることでアパートやマンションでの生活も可能ですが、国民年金となるとそうは行きません。

 

国民年金の場合、満額で一人あたり65,000円前後となっており、夫婦ふたりの世帯では13万円程度の収入になります。持家なしの人の場合、他の収入がなければ生活を維持するのは難しいのが現状です。

 

定年後に持家なしの生活を送るのに助けになるのが、公営住宅への入居です。

 

都道府県や市町村が運営する公営住宅は収入が少ない人のために用意している住居で、国民年金受給者であればほとんどの場合、入居資格を満たします。

 

定年後,持ち家なし,暮らし,住宅

 

家賃も民間に比べて格段に安く、出費を抑えることも可能です。また収入に応じて家賃を減額する制度を設けているケースも有り、低所得者を守る政策が取られています。

 

公営住宅を利用するなら、持ち家がなくても生活を維持することはできるでしょう。

 

若いうちは定年後の生活は現実とはかけ離れているため、想像することもそう無いかもしれませんが、人間は生きている以上必ず年老いていくため、将来に対する備えやビジョンを持つのは必要不可欠になっています。

 

 

 

年金は生命保険や預貯金とは比較にならない高利回りの制度だということも知っておくと、年金を収め、将来に対する貯蓄もしっかりとしておこうという気持ちになるはずです。