豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

老後の暮らしはどう変わる?

老後,一人暮らし

高齢者の単身世帯が増えています。日本人の平均寿命は80歳を越えていますが、当然のことながら誰でも80歳まで生きられるわけではありません。そのため途中で夫や妻に先立たれてしまうケースも少なくありません。

 

とくに女性は男性との平均寿命との間に約6歳の開きがあるため、老後の一人暮らしの生活の可能性が高くなります。もちろん、独身で通してきた人も多いでしょう。

 

では、老後の一人暮らしの生活はどのようなものなのでしょうか?

 

定年を迎えようとしている50代がもっとも心配しているのは「孤立した環境」でしょう。

 

ただでさえ仕事を辞めることで社会との接点を失ってしまううえ、パートナーもおらず一人で暮らさなければならないとなると話し相手にも苦労してしまう恐れがあります。

 

どのように暮らしているのか、というよりもどう暮らしたらいいのかを見たほうがよいでしょう。

 

よく見られるのはスクールやジムに通うケース。何かを学んだり、体を動かすことで心身の健康を維持し、生きがいを持った生活を送ることができます。

 

また、こうした場で人と接する機会を持つことができます。新しい仲間、現役時代には得られなかったプライベートな友人を作ることもできるでしょう。

 

また、自治体のイベントに参加して地元住民との交流を図ったり、同好の士を見つけている人も多く見られます。

 

結論から言えば、いかに「楽しむことができるか」が最大のテーマとなるでしょう。極端な話、家に一人でいるとホッとするくらいの充実した日々を送るようにしたいもの。

 

子供や孫と過ごす方法もありますが、あくまであまり相手に負担をかけない範囲で、基本は自分で楽しむ方法を見つけることが求められます。