豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

定年後に夫婦の関係が激変することも

定年後,夫婦,離婚,関係

夫が仕事の定年を迎えた後、夫婦としてどのように互いに向き合っていくかが課題になります。それぞれ仕事や家事などで生活パターンは異なり、過ごしてきた場所が違っていたからです。

 

そのため、夫がリタイヤ後に長時間家にいるようになると、妻はそのことを強くストレスに感じ、いさかいに発展することもあり、それが熟年離婚の原因のひとつになるとも言われています。

 

しかし定年後の暮らし方を見つめなおすことで、いつまでも充実した生活をおくることができるようにもなります。

 

定年後も円満な夫婦生活を送っている人たちを調査したところ、暮らし方にあるコツが有ることがわかりました。そのコツとは個人を従事することです。

 

例えば夫は自分の趣味を楽しみ、妻はそのことに対して口出しをすることを控えます。同様に夫も妻の趣味や娯楽に口を挟むことなく、妻のすることを尊重します。

 

このように一人の時間をお互いに尊重することでいさかいを産むことなく円満な生活を送ることができているということです。

 

興味深いのは、女性のほうが1人の時間が欲しいという願いを強く抱いている点です。

 

夫は職場の延長として家庭を見るあまり、支配的な傾向を前面に表してしまう傾向がありますが、そこを抑えることも大切です。

 

親しき仲にも礼儀ありという言葉の通り、良きパートナーとして支えあうべき時は助け合い、それ以外の時は個を重んじることで、お互いのプライベートを楽しむことによりストレスを軽減させることができます。