豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

定年後の人付き合いはどうなるか

定年後,人間関係,友達作り

高齢者の孤立した生活環境が大きな社会問題となっています。

 

痛ましい孤立死のニュースを見かける機会も多くなりました。

 

定年後にどのような人間関係を維持できるかが高齢者にとって重要なテーマともいえるのです。

 

とくに日本人の男性は仕事だけの人間関係に終始してしまうケースが多いといわれています。

 

定年退職した途端につきあいがなくなった、あるいは年賀状の数がめっきり減ってしまった、といった話もよく聞きます。

 

いざ定年退職した後に新しい人づき合いを築こうとしても実際のところ困難です。

 

それだけに仕事を通して社会と関わり、人との関わりも持ち続けることが求められます。

 

定年後も働き続けたいという人は多いでしょう。

 

それは単に生活費の不安だけではありません。むしろ生きがい、あるいは社会との関わりを持ち続けたいといった思いの方が強い傾向があります。

 

現役時代はとかく生活のため、家族のために働く意識が強かったもの。

 

しかし定年退職すると仕事とは社会との関わり、自分が社会に貢献しているのだといった満足感や充実感を得ることが重要だったことに気づくようになります

 

もちろん、プライベートの友人や同じ趣味を持つ同好の士もぜひとも欲しいもの。

 

しかしそれだけを探し続ける生活ではいつまで経っても孤立から抜け出せない可能性がありますし、人づき合いの機会がなかなか得られないことに孤立感や失望感などを抱きがちになります。

 

仕事を通じた関わりさえあればプライベートの友人探しにも心の余裕ができます。

 

こうした面も念頭に入れたうえで老後の暮らし、社会との関わりを考えてみるとよいのではないでしょうか。